2006年07月07日

コンコンチキチン♪七月の京都は祇園祭りです

2006年も早いもので半年が過ぎてしまいましたね。

7月といえば、京都は祇園祭りですvv

日本最大祭の一つに数えられる祇園祭は、長い歴史や華麗さ、1ヶ月にも渡って諸行事が続く規模の大きさでも広く知られていますぴかぴか(新しい)

お祭りは7月1日の吉符入りから31日の夏越祭まで、数多くの行事があります。

(1〜5日)吉符入り

神事始の意味で、各山鉾町での町内関係者が本年の祭に関する打ち合わせをします。

(2日)くじ取り式

17日の山鉾巡行の順番をくじによってきめる式。

(10日/16:30〜21:00)お迎え提灯

16:30頃からて神輿をを迎えるため、趣向を凝らした各種の提灯を持って行列。

(10日/20:00〜20:30)神輿洗

神輿の3基のうち中御座の神輿をかつぎだし、四条大橋まで運び、鴨川の水で清めます。

(10〜14日)鉾建・山建

各山鉾町では、巡行の山鉾が収蔵庫から出され、組み立てられます。

(13日/11:00)稚児社参

長刀鉾に乗る稚児が、八坂神社に参り「お位」をもらいます。

(14〜16日)宵山

(17日/9:00スタート)山鉾巡行

(17日/16:00)神幸祭

3基の神輿が16:00頃から氏子町内を巡行して、四条御旅所にとどまります。

(20〜22日)狂言奉納

八坂神社の能舞で、10:00・12:00・18:00・20:00の1日4回、狂言の奉納が行われます。

(24日)花傘巡行

「後のまつり」の巡行が17日の山鉾巡行と合併したため、山鉾の古い形態を再現するねらいで始められたもので、花傘の10余基をはじめ京都花街のきれいどころの踊り、鷺舞、六斎念仏、子供神輿、祇園ばやし、稚児など総勢1,000人の行列ができます。

(24日)環幸祭

3基の神輿が17:00頃四条の御旅所を出て、氏子町内をまわり、22:00神社へ帰ります。

(28日)神輿洗

10日の神輿洗と同様、四条鴨川で洗い清め、20:00頃神社へ帰ります。

(31日)夏越祭り

八坂神社内、疫神社の鳥居に大茅輪が設けられ、これをくぐって厄を祓います。

平成18年度山鉾巡行順は

一番 長刀鉾(なぎなたほこ)
二番 郭巨山(かっきょやま)
三番 霰天神山(あられてんじんやま)
四番 蟷螂山(とうろうやま)
五番 函谷鉾(かんこほこ)
六番 油天神山(あぶらてんじんやま)
七番 四条傘鉾(しじょうかさほこ)
八番 占出山(うらでやま)
九番 鶏鉾(にわとりほこ)
十番 太子山(たいしやま)
十一番 白楽天山(はくらくてんやま)
十二番 木賊山(とくさやま)
十三番 月鉾(つきほこ)
十四番 孟宗山(もうそうやま)
十五番 綾傘鉾(あやがさほこ)
十六番 山伏山(やまぶしやま)
十七番 菊水鉾(きくすいほこ)
十八番 伯牙山(はくがやま)
十九番 芦刈山(あしかりやま)
二十番 保昌山(ほうしょうやま)
二十一番 放下鉾(ほうかほこ)
二十二番 岩戸山(いわとやま)
二十三番 船鉾(ふねほこ)
二十四番 北観音山(きたかんのんやま)
二十五番 橋弁慶山(はしべんけいやま)
二十六番 黒主山(くろぬしやま)
二十七番 八幡山(はちまんやま)
二十八番 浄妙山(じょうみょうやま)
二十九番 鈴鹿山(すずかやま)
三十番 鯉山(こいやま)
三十一番 役行者山(えんのぎょうじゃやま)
三十二番 南観音山(みなみかんのんやま)

"動く美術館"と呼ばれる山鉾はとっても魅力的です。

今年もなんとか時間を作って見に行きたいと思いますvv 。

コンコンチキチンコンチキチン♪ピャーラーラーラーラッラー
タグ:京都 祇園祭

この記事へのコメント
祇園はいいまちだということで、
機会があればいきたいけど。

東京からはちと遠い・・・
Posted by えび姫 at 2006年07月07日 13:32
祇園はいいまちだということで、
機会があればいきたいけど。

東京からはちと遠い・・・
Posted by えび姫 at 2006年07月07日 13:32
1回いきました!
ものすごく暑い日に行って人もいっぱいいてすごい熱気だったの覚えてます!
Posted by どきんちゃん at 2006年07月07日 17:24
 私も京都市生まれの京都府下育ち。ほぼ毎年行きますよ〜。ちまきも買いかえないといけないし、町家飾り見るの大好きなんですよね…
 昼間から行くと、毎年違う発見ができていいですよ。去年は山伏が山伏山の前でお払い?してる現場を目撃しました。

 今年の目玉は蟷螂山に寄贈されたという模型?でしょうか。凄い精巧でできてるらしいと、今朝の朝刊に載ってました。
Posted by るき at 2006年07月09日 12:34
 連続投稿ごめんなさい。
 同じ茶所に住んでたんですね(笑)
Posted by るき at 2006年07月09日 12:36
祇園祭かぁ(^-^)ノもう、そんな時期になるんやね。今年は行きたくても行けないので残念(*_*)しかし、今年も多くの人で賑わうことだろうね。また情報を教えてもらえたら嬉しいなーと思います(^-^*)
Posted by さと吉 at 2006年07月10日 00:48
えび姫さん、祇園祭は約1100年の永い歴史と伝統を持っている見どころいーぱいのお祭りなんでぜひ、機会をいちど作って京都の夏の風情を満喫してみてくださいvv。

Posted by Tomokazu at 2006年07月10日 17:53
どきんちゃんもいちどこられたことがあるんですね。観客は毎年ものすごい人達でにぎやかですよーvv
今年は宵山、山鉾巡行、両方行けそうなんで祇園祭をおもっきり満喫します♪♪
Posted by Tomokazu at 2006年07月10日 18:10
るきさんも京都生まれの京都育ちですか!一緒ですね!蟷螂山の模型ですか、めっちゃめちゃほしいですね。
今年は鉾のおもちゃを見つけたら買いまくってお金払って各鉾に乗りにいく予定です。男しか乗れない長刀鉾乗ってきます!
Posted by Tomokazu at 2006年07月10日 18:31
さと吉さん、コメントありがとうございます。
さと吉さんは行きたくても行けないのですね。
今年も多くの人で賑わうと思います。これからも皆さんに役立つ良い情報を伝えられるようなブログを目指してがんばっていきますvv
Posted by Tomokazu at 2006年07月10日 18:37
Tomokazuが、早いもので各山鉾などを収蔵したかった。


Posted by BlogPetの大治郎 at 2006年07月14日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20391495

この記事へのトラックバック

舞妓&芸妓@思い出話 ??第19話??
Excerpt: 明日 (24日)、京都では、祇園祭花傘巡行が行われますぅ。 以前の記事 (第9話) に綴ったように、明日、京都にいれば花街のキレイどころにお目にかかれるかもっ!! ※以前綴った記事⇒ 詳しくは..
Weblog: *華の宴* ?? Life at night ??
Tracked: 2006-07-23 13:48